松木沢のウメコバ沢でアイスクライミング

 カテゴリー: 山の情報, 山行記録

黒沢の松木沢に初めてアイスクライミングに行ってから2年が経った。先週の日曜日に友人2人とともに、そこより少し遠くに位置するウメコバ沢の氷瀑にクライミングに出かけた。前日夜に東京を発ってダムの駐車場で泊まったあと早朝に出発した。アクセスの歩きだけで2時間もかかるからだ。

冷たい強風が谷を吹き荒れて前日から降り止まない雪を顔に叩きつけてくる。着込み過ぎていると汗をかくし、着足りないと寒いという永遠のジレンマにまた遭遇した。

Heading to Umekobasawa - 1Heading to Umekobasawa - 2

ウメコバ沢の入口に到着すると、来ていたのは我々だけではなかった。準備している間に、前に着いたパーティーは既に最初の短い滝(約10メートル)を終えていた。2番目の短い滝は凍結していなかったので右のチムニーを通って迂回しなければならなかった。3番目の滝にとにかく早く辿りついて登りたくて急いだ。およそ30メートルの高さがありF4とともに2つの長い氷爆のうちの最大のものだ。しかしその前は谷の底を少なくとも20-30分は歩かなければならず、登りたくてウズウズしている身にはそれが辛く感じられた。

Umekobasawa F1Umekobasawa bypassing F2Umekobasawa - between F2 and F3

人数が少ないからと言って、直前のグループが非常に親切に我々を先に通してくれた。それで待つこと無しに登ることができた。滝の左側のスラブの上の薄い氷の層の上を行くこともできたが、それは次回にしよう。コンディションを見ると滝はいくつもの段から成っていて簡単だった。(WI2ぐらい)上の部分では氷の下を水が流れているのが分かり、少し注意が必要だった。

Umekobasawa F3Umekobasawa - climber on F3 - 1Umekobasawa - climber on F3 - 2

上に着くと、また2番目の滝まで半時間歩かなければならないのかと暫し不安になった。しかし5分の歩きだけで続けて登れることが分かってほっと胸をなでおろした。F4はF3と同じレベルである。今度は自分がリードする番だ。真ん中に大きな穴が開いていて滝の流れが見え、取っ付きにくい感じだったので左側に留まった。雪の層の上の氷のパイ皮のような層を登った。プロテクションを取り付けるには理想的と言えない状態だ。しかし運よく簡単につけることができた。

Umekobasawa F4 icefall - 1Umekobasawa - climber on F4Umekobasawa - climber on F4 - 1Umekobasawa - climber on F4 - 2Umekobasawa - climber on F4 - 3Umekobasawa F4 icefall - 2

上にたどり着いて、山頂からほど遠くない所で風と雪が悪い記憶を蘇らせた。パートナー達を確保した状態で保つのは楽しみどころではなかった。それに我々を弄ぶかのように、F3の下に降りてくると風は止んでしまい雪の代わりに空は真っ青になっていた。

Umekobasawa - tough belay from the top of F4Umekobasawa - heading back down

もしアイスクライミングが得意なら、はっきり言っておこう。WI2~3の30メートルのピッチ2つのためにとにかくたくさんの移動とアクセスの歩きが必要になる。しかし脇を通ってテクニックを要するライン(プロテクションに注意)を行く方策もある。それに中級の人々を連れて山の中でアイスクライミングをするには良い場所である。

地図

松木沢の地図は
1/25000地形図、 中禅寺湖、日光12号-2、NJ-54-29-12-2 (Chūzenjiko, Nikkō 12-2, NJ-54-29-12-2)

 

Elevation Profile

GPS用のGPXファイル:matsukisawa-umekobasawa.gpx

安全

ラインと状況によりF3とF4はWI2~3かと思う。

F1(登るときに右側)、F3(登るときに右側)とF4(登るときに左側)の支点は腐ったリングボルトでできている。
Typical Matsukisawa anchor
今度は黒沢と同じく作り直しに行く。F2のチムニーの支点は木で取る。

ロープは懸垂下降のため50メートル2本はぜんぜん大丈夫だ。

松木沢のアイス・クライミングの情報

足尾の松木沢のアイス・クライミングの情報(アクセス、安全など)この投稿にある。

最新の投稿

コメントする

検索の言葉を記入し、てエンターキーを押してください