八ヶ岳、石尊稜

今年最初の冬山登山の2日目、石尊稜に登るのを目標に定めた。出発したのは朝の5時という早さだ。こちらも、そして特にこのルートでは(あるいは我々がダメなせいでトポの説明を読み解けないのかもしれないが)山稜の出発点を見つけるのが難点だ。

阿弥陀岳北稜

この冬の始まりは非常に暖かく、雪もほとんどないので先週末に冬季の初登山に八ヶ岳へ出かけた。入門者用のルートでゆっくりと登山を再開することをねらいに、初日は阿弥陀岳北陵から取りかかることにした。午前1時に美濃戸口に到着。車の中で3時間半眠っただけで、行者小屋にベースキャンプを張るべく、そこに至るまでの長い歩きの準備を始めた。

城ヶ崎、こばいの岩場

新年の城ケ崎クライミングの旅の最終日は週末の人混みを避けたくて、また新しい場所を発見するためにファミリー・クラック・エリアとあかねの浜のほぼ中間点にあるこばいの岩場に行くことにした。グレードは容易だがルートをプロテクトすることが難しいだけでなくルートのムーブは(下の3分の1の部分で)チムニー・クライミングのようなタイプを要求されるところがあってこれに自分はあまり慣れていない。

城ヶ崎、オーシャン・ロック

何年か前にオーシャン・ロックへ行って入江から容易にアクセスできる一番左寄りの二つのルートを登ったことがあるが、海の上からスタートするたくさんのクラックをクライミングしたことは一度もない。城ケ崎での新年の4日間は何か違ったことをしてみる良いチャンスだったのでオーシャン・ロックへまた行ってそれらのルートを試してみることに決めた。完璧な天候のなか海面上でビレイするのは面白そうだった。